●レーシック情報:安全性の高いレーシック手術

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。

 

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。

 



●レーシック情報:安全性の高いレーシック手術ブログ:2020年05月18日

酵素は体質の中でも作られますが、
体質の中で作られる酵素の量には限界があります。

なので、
食べ物から酵素をとることが大切なのですが…

酵素は熱に弱く、
加熱した食べ物には、酵素は存在しません。

そこで酵素を効果的にとるには、生のものを食べるしかありません。
生野菜、果物、お刺身などがいいのですが、
中でもオススメなのは果物。

果物には、酵素がたっぷり含まれています。
パイナップルやパパイヤがお肉を柔らかくするのも、
酵素のパワーなんです。

中でも酵素の多い果物は、
パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイです!

ただし、
酵素を効果的にとるためには、
果物は、食べる事の後ではなく
食べる事の前に食べることが大切です。

普通の食べる事は、2時間から4時間かけて胃から腸へと届きますが、
果物はたったの三十分で腸に届くそうです。
なぜなら、果物にはたっぷりの酵素が含まれているからです。

そして腸に届いた酵素は本領を発揮して
ウエストの中をキレイにしたり、
後からくる食べ物をしっかり分解吸収してくれます。

でも、食べる事の後に果物を食べてしまうと、
前を行くライスやおかずにジャマされて、胃で立ち往生…
「早く腸に行かせてよ〜」とじだんだを踏む果物を胃酸が襲う…

…というわけで、
果物は、食べる事の30分前か
食べる事と食べる事の間に食べるようにしましょう。

酵素の働きは
「食べ物の消化」と「新陳代謝」ですが、
その中でも、特に「解毒」に大量の酵素 が使われます。

なので、
外食の多い方
ファストフードが好きな方
むくみやすい方…は、
ぜひ、食べる事の前やウエストが減っている時に
果物を食べて、
効果的に酵素を補充することをオススメします!